注文住宅や一戸建てや賃貸についてまとめました

災害から身を守る

耐震診断の結果が耐震補強に繋がっていない建物もある

日本は地震大国なので世界でも一番厳しい耐震基準を採用しています。耐震基準は建築基準法で決められており、現在は昭和56年に改められて耐震基準が採用されています。阪神淡路大震災や東日本大震災が起こるたびに建物の耐震診断が実施されています。しかしながら耐震補強工事には多額な費用がかかることもあり、必ずしも耐震補強工事が進んでいるとは言えません。耐震診断を行って耐震補強が必要な公共的な建物については強制的に耐震補強が義務付けられておりますが、公共的な建物でも予算の関係で順次工事を進めるため、未だにすべての建物が耐震補強工事が完了しているわけではありません。民間の部分については補助金の制度はあるものの公共よりも遅れています。

大地震はいつ起こるかわからないので耐震補強を急ぐ必要がある

日本では首都直下型や東海、東南海大地震の起きる可能性が高くなっています。いつ起きてもおかしくはないと言われています。耐震診断で耐震補強が必要となっている建物については早急に耐震補強の対策を施す必要があります。行政サイドでも耐震診断には補助金を拠出しているので診断を実施することは進んで来ておりますが、耐震補強工事については助成金の制度はあるもの自己負担も必要なため耐震補強工事が進んでいないのが現状です。特に、公共的な建物の耐震補強が進んでいないのは問題ですから、もう一度耐震補強工事の必要な建物を明確にして優先順位を決めて工事を行うことが重要です。公共事業予算を重点的にこの分野に投入する必要があると思われます。

業者選びが重要

注文住宅で自宅購入をする場合には、どの業者にお願いするか迷う人も多いかもしれません。大きな買い物になるため、信頼できる業者を慎重に選ぶことが大事になってきます。

お得に賃貸を選ぶ

賃貸を選ぶ場合は、お得に利用したいと考える人も多いかもしれません。ここでは、賃貸をお得に利用するためのコツを紹介します。賃貸の相場を知ることも、お得に利用するためには大切なことです。

お得な賃貸増加

近年は、お得な賃貸が増えてきているといわれています。お得に賃貸を利用するには、ポイントがありますので賃貸利用を検討中の方は情報を集めておくことが望ましいといえます。

一戸建てが欲しい

一戸建て住宅を検討している方もいるはずです。一戸建て住宅は、新築と中古があるためどちらにしようか悩む人も結構多いのではないかと考えられます。一戸建てを検討している方はこのページを参考にしてみてください。